女医が診察するクリニックで中絶手術を検討する

中絶手術の疑問

中絶手術を検討する

未成年や経済的な問題、病気のためなどさまざまな事情から妊娠を手放しで喜べないケースがあります。そうしたときには出産をあきらめて中絶手術を検討しなくてはいけません。もちろん出産して育児をしたり、里親に出したりと選択肢は他にもあります。できる限り授かった命を生かせるように模索する努力は必要ですが、世の中には難しい場合が多々あります。しかし、それでもまずはあらゆる方向性からしっかりと検討を重ねることが大切です。

クリニックを決める

中絶手術を受けることを決めた場合は、クリニックの選定が大切になります。産婦人科や婦人科を受診することになりますが、まずは病院の情報収集を行なっていきましょう。中絶手術を受ける際は、女性は不安や心配な点がたくさんあるはずです。身体への負担がどれくらいあるのか、また精神的なケアも必要になることも多いです。同性である女医が診てくれるクリニックであれば、悩みや疑問点も打ち明けやすいという声が多く聞かれます。

手術の内容を確認

妊娠初期から22週未満であれば中絶手術を受けることができます。しかし、12週を境にして手術の内容は異なってきます。12週未満であれば、掻爬法か吸引法による手術となり日帰りでも受けることは可能です。12週以降は数日の入院が一般的です。手術は人工死産となるため死産届の提出や埋葬も必要となります。生理が遅れて気付くのが遅くなると手術が受けられなくなる恐れもあるので、できるだけ早く診察をするようにしましょう。

身体への影響

できるだけ早い段階で手術を行なうようにすれば、それだけ身体への負担も少なくて済みます。しかし中絶手術にリスクは付き物です。初期の手術では麻酔を使うことが多いため、母体への影響も大きくなります。中期の手術では基本的には麻酔を使用しませんが、場合によっては選択可能なケースもあります。いずれにせよ、個人差はありますが痛みや出血は免れないことが多いようです。またクリニックによっても差はあるといいます。

おすすめの記事をチェック

うつ向く人

知っておきたい手術の流れ

中絶手術は、妊娠週数によって手術の内容が違ってきます。早く手術を決めることで負担が軽減されることが多いので、早めの決断が肝心となります。初期、中期それぞれの手術の流れについて紹介していきます。

READ MORE
看護師と女医

手術の費用はどれくらいか

妊娠初期であれば、中期と比べて比較的安い費用で中絶手術は可能です。しかし、基本的に健康保険が適用されないため10万前後と高額な費用になるはずです。中期になると40万円程度はかかってくるでしょう。

READ MORE
診察

手術の後の過ごし方は

中絶手術を受けた後は、日常生活にすぐに戻れるのでしょうか。適切な過ごし方を学んでいきましょう。医師の言いつけを守って、順調な経過になるようにしていきたいものです。

READ MORE
診察

相談することで悩みを解決

希望しない妊娠や、やむを得ない事情で出産をあきらめなくていけないことは、とても辛い状況です。一人で悩みを抱えないようにしていくことが肝心となります。頼りになる相談窓口を探していくことも得策です。

READ MORE
ナースと先生

クリニックの探し方

中絶手術を受けるためには婦人科や産婦人科をよく選ぶことが大切です。最適なクリニックを見つけるためには、ちょっとしたコツが必要となります。失敗しないクリニック選びのポイントを押さえていきましょう。

READ MORE

中絶手術を検討する人に多い疑問とは

痛いイメージがありますが実際はどうですか?

妊娠初期の中絶手術では麻酔をかけて行なうことが一般的ですので、痛みはカバーできるといえます。しかし、中期の手術では麻酔なしで強制的に陣痛を起こす手術がスタンダードになるため、痛みが強く出ることが多いです。

後遺症を考える必要はありますか?

初期の手術でも母体に負担はかかりますが、通常の手術であれば後遺症が残ることはほとんどありません。しかし中期手術になると人工的に流産させることになりリスクは高まります。大量出血や子宮破裂の可能性もゼロではありません。

中絶してもまた妊娠できますか?

中絶手術をしても妊娠可能です。術後一ヶ月から二ヶ月で生理は再開します。しかし、まれに不妊症や子宮外妊娠の原因となる場合もあります。手術の処置に問題があった場合などは、問題が発生しやすくなるため注意が必要です。

相手の同意書はどうしても必要になりますか?

同意書の提出は医師法によって定められています。しかし、相手が亡くなっている場合や、強姦による妊娠の場合は例外です。また事情によっては個別に相談を受けつけている場合もあるため病院に相談してみましょう。

プライバシーは守られますか?

個人情報の管理と保護を遵守することはどの医療現場でも基本となっています。不安があるようであれば、完全予約制のクリニックもありますし、女医や女性スタッフがいるクリニックを選ぶことも一つの方法になります。

<PR>
大阪で妊娠中絶を受ける。
予約もスムーズ!腕前の良いドクターが対応するクリニックへ。 <PR>
中絶をするなら、東京のクリニックへ
その悩み、速やかに解消。明るい人生を歩む。

中絶手術の心構え

気持ちに整理をつける

中絶手術は安易に受けるものではありません。熟考した上で結論を出すべき問題です。しかしよく考えて決めた結果ならば、将来のためにきっと間違いではなかったといえる選択にもなります。産むことが叶わなかった命の分まで、一生懸命人生を歩まなくてはいけないといえるでしょう。

専門のクリニックを受診する

さまざまな条件を比較検討して最適なクリニックを探して診察を受けましょう。中絶手術は初期であれば日帰りで行なえるものになりますが、それでも負担はかかるものです。信頼できる医師がいるクリニックを選ぶことが重要です。診察で妊娠が確定すれば、中絶手術の日程を決めることが可能になります。

手術の準備をする

パートナーの同意書や、手術の承諾書などさまざまな書類を記入して持参する必要があります。また、手術の前には心電図や血液検査などをパスすることが求められるでしょう。手術日にはあらかじめ着替えや生理用ナプキンなどを持参しなくてはいけないこともあるため事前に確認しておきましょう。

術後を大事に過ごす

手術の後は出血が続いたり、精神的にも不安定になることもあります。医師の診断を仰ぎ、できるだけ安静に過ごしておくことが重要です。すぐに仕事に復帰したり、激しい運動をすることなども避けた方が無難です。また、少しでも異変を感じた場合は、速やかに再診するようにしましょう。

将来のために

中絶手術は誰もが避けたい手術だといえます。しかし苦渋の決断で手術を受けることにしたならば、将来のためにも前向きに捉える努力をするようにしましょう。同じ過ちを繰り返さないことを一番に考え、毎日を丁寧に大切に生きるように意識するようにしたいものです。

クリニックの良し悪しをチェック

中絶手術を受けるときは不安が大きくなるものです。さまざまなリスクを回避するためにも、評判が良く、信頼できるクリニックを選ぶことがポイントです。親身になって診察してくれる女医がいる専門クリニックは女性患者から強い支持を得ています。

広告募集中