初期中絶に用いられる掻爬法、吸引法と、中期中絶で行なわれる手術方法についての違い

手術の流れをチェック

初期の手術|掻爬法

掻爬法は、はさみのような専用の器具で子宮内の胎盤や胎児を出す手術になります。この掻爬法は多くの初期中絶で用いられているポピュラーな方法です。感染症にかかりにくいなどのメリットがあります。しかし病気などで子宮自体に異常がある場合などは手術が困難になるケースがあります。

初期の手術|吸引法

吸引法は、子宮内に筒状の金属の棒を入れて、胎児や胎盤を吸引する手術になります。胞状奇胎患者のケースなどで用いられることが多いようです。短時間で手術ができるため母体への負担も軽減できる点がメリットです。ただ妊娠週数が経過すると手術が難しくなるので注意が必要です。

中期の手術

中期中絶では、人工的に流産する形をとることになります。まず手術前までにラミナリアを入れて子宮口を広げておきます。そして陣痛誘発剤で人工的に陣痛を起こして流産させ、その後胎盤などを取り除きます。数日間は入院して、術後の経過を女医など担当医に診てもらう流れが一般的となります。

クリニックの良し悪しをチェック

中絶手術を受けるときは不安が大きくなるものです。さまざまなリスクを回避するためにも、評判が良く、信頼できるクリニックを選ぶことがポイントです。親身になって診察してくれる女医がいる専門クリニックは女性患者から強い支持を得ています。

広告募集中