一人で悩まないで、周囲を見渡して相談してみよう

相談をしよう

パートナーと話し合う

妊娠にはパートナーの存在が必須です。そして基本的に中絶手術には相手の同意が必要となります。特別な事情がある場合を除いて、まずは相手の男性としっかりと話し合いをすることが重要になるのです。手術を受けるのは女性ですが、責任は男性側にもあり、痛みを共に分かち合う姿勢を持つようにしたいものです。

相談できる人がいないときは

パートナーと別れていたり、信頼できる人が近くにいない場合は、たった一人で決断をしなくてはいけない場合もあるでしょう。しかし苦しい思いを抱えて悩まなくてもいいのです。NPO法人や行政機関など相談できる場所は幾つもあります。インターネットでも簡単に検索できますし、無料で応じてくれるところもあります。

女医やカウンセラーに相談

産婦人科や婦人科のカウンセリングで相談をすることもできます。忙しいクリニックではなかなか話を聞いてくれるゆとりがないかもしれませんが、専門の心理カウンセラーが対応してくれるクリニックもあります。また、話がしやすい女医が診察してくれる病院では、同性でも心強いと人気が高くなっています。

クリニックの良し悪しをチェック

中絶手術を受けるときは不安が大きくなるものです。さまざまなリスクを回避するためにも、評判が良く、信頼できるクリニックを選ぶことがポイントです。親身になって診察してくれる女医がいる専門クリニックは女性患者から強い支持を得ています。

広告募集中